« 高齢者世帯に家具転倒防止器具の無料取付け | トップページ | 道徳の教科化について »

2018年6月28日 (木)

区議会の会議録について

先日(6月23日)このブログで、「江東区内の図書館で1979年以前の議会の記録は保管されてなかった」と書いたのですが、改めて確認したところ、1955年以降は本会議の記録はすべて保管されていることが分かりましたので、訂正いたします。自分自身でもう一度、確認してから書くべきだったと思います。申し訳ありませんでした。
議会事務局の方は親切に対応して下さったのですが、とはいえ、江東区の歴史的な基礎資料が、自由に閲覧できる環境でどこに保管されているかが、区議会の事務局にもすぐにわかる形では共有されていなかった、ということが、今回の件を通じて分かりました。
私が昔の会議録を探していたのは、現在の江東区議会で討論が認められていないことを改めてほしいと思い、陳情を出したからです。それをきっかけに、かつては江東区議会でも討論が実施されていた事実が、つい最近、明らかになりました。ですので、その当時の区議会の様子を会議録で確認したかったのです。
議会の記録を文書で残すことは、立法の経緯を公開し、検証するための前提条件です。しかし江東区の情報公開条例には、その末尾に「経過措置」として「3 この条例は、平成13年3月31日以前に議会が作成又は取得した公文書には適用しない。」と議会文書の公開について大幅な例外規定を設けています。経過措置と言いつつ、今もこの規定は生きています。
情報公開条例を新たに制定したのが平成13年3月ですので、それ以前の文書は公開しない、という内容です。翌14年度から議員の政務調査費の報告書を情報公開の対象にしたことと関係があるのではないかと思われますが、残念ながら文書上の根拠はありません。
今回、会議録がすぐに見つからなかったことも、個々の対応の課題というより、公文書保存による議会のあり方への検証について、消極的な姿勢を続けてきた江東区議会の問題だろうと思います。議会の公文書は議員だけのものではなく、区民全体の共有財産であるとの認識を、議会が持つべきだと思います。

課題は余りに大きく時にめげそうにもなりますが、あきらめずに、討論の実施を求めていきたいと思っています。

※なお、6月23日の投稿はその記事だけで読むと誤解につながりかねないため、削除させていただきました。ご了解ください。

|

« 高齢者世帯に家具転倒防止器具の無料取付け | トップページ | 道徳の教科化について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢者世帯に家具転倒防止器具の無料取付け | トップページ | 道徳の教科化について »