« 6月24日、かつしかシンフォニーヒルズで甲状腺の自主検診があります | トップページ | 教科書展示会に行ってみませんか »

2018年6月22日 (金)

否決された国保保険料の負担軽減提案

 今日は、江東区議会の医療・介護委員会を傍聴してきました。

 委員会では、国保の保険料が負担が大きいので、2人以上子どものいる世帯で、人数分の割り当てで支払う「均等割(きんとうわり)」の保険料を、2人目のぶんから負担軽減すべきでは、との議案が共産党の議員からの提案で提出されていました。実施するなら区の一般予算から2億数千万円の支出が必要になる、との内容でした。

 この議案に対しては、賛成は中村委員、山本(真)委員、菅谷委員。その他の委員は反対で、可決には至りませんでした。


 反対する議員の皆さんの理由は、おおむね「負担軽減には賛成だが、23区の中で江東区が突出して、単独で負担軽減策を行うのはいかがなものか」というものでした。私は、良いことなら単独でも何でも、実施すれば良いと思いますし、江東区の財政状況なら実施可能な子育て支援策だと思いました。実際、東京都で独自の負担軽減策を行っている自治体が3つ、あるそうです。

そして「子育て世帯の負担軽減は良いことで…」と言うので「この委員は議案に賛成なのかな?」と聞いていると、結論はなぜか「賛成できません」、という方が、今日はとても多かったです。

誰が提案したかではなく、議案の内容本位で審議する、区民に分かりやすい議会であってほしいと思います。

|

« 6月24日、かつしかシンフォニーヒルズで甲状腺の自主検診があります | トップページ | 教科書展示会に行ってみませんか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月24日、かつしかシンフォニーヒルズで甲状腺の自主検診があります | トップページ | 教科書展示会に行ってみませんか »