« 亀戸六丁目まちづくり方針について区が意見を募集しています | トップページ | 汚染対策の目標を達成できないまま都知事が豊洲市場予定地の「安全・安心」宣言 »

2018年7月30日 (月)

亀戸6丁目まちづくり方針案について・その2

7月26日のブログで、江東区が「亀戸6丁目まちづくり方針(案)」への意見募集を8月7日まで行うことをご紹介しました。
 今回の意見募集を経て10月には区が方針を策定、11月~12月には事業者である野村不動産がサンストリート跡地開発の計画説明会を開催する予定とされています。
 この案において亀戸6丁目地区の課題として、商業施設や生活利便施設の不足、避難所にできる空地の不足、大規模開発する場合は学校など公共施設が足りなくなること、広場空間の不足、緑が少ない、などが挙げられています。
 案は6丁目全体のまちづくり計画ではありますが、やはりその核になるのはサンストリート跡地開発がどのようなものになるかだと思います。地域の課題はこの案で整理されている通りだと私も思いますが、今後の進め方の手法については具体的な提示がありませんでした。進め方が今後どのような手法になるか次第で、跡地開発の高さ規制などが大きく変わる可能性もあります。
 まちづくりの方針案を読むのは専門用語も多く難しく感じるかもしれませんが、私たちが望んでいることを一言でも送ることが、このエリアのまちづくりがどれだけ注目されているかを区に伝える良い機会になると思います。近隣の皆様、ご関心ある皆様、ぜひ意見をお送りになってみてはいかがでしょうか。

|

« 亀戸六丁目まちづくり方針について区が意見を募集しています | トップページ | 汚染対策の目標を達成できないまま都知事が豊洲市場予定地の「安全・安心」宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀戸六丁目まちづくり方針について区が意見を募集しています | トップページ | 汚染対策の目標を達成できないまま都知事が豊洲市場予定地の「安全・安心」宣言 »