« 通学かばん、重くないですか | トップページ | 江東区の、過去の浸水履歴と被害予想 »

2018年7月15日 (日)

水害にそなえるまちづくり

昨日の夜は、防災研修会があり、参加してきました。大雨、洪水、高潮、地震がきた時にどうするかなどを聞き、とても勉強になりました。
なるほどと思ったのは、「短期的な集中豪雨などで道路が冠水するのは海抜の低さではなく下水の処理能力の問題」というお話でした。江東区は海抜ゼロメートル地帯のため、水害で大きな被害にたびたびあってきた地域ですが、雨水を排水できるように下水の改良工事や内部河川の水位調整などがを行ってきた結果、大幅に改善された、というお話でした。
これを聞いて思い浮かべたのは、今回の国会で提案された水道の民営化法案についてです。今国会での成立はなんとか避けられたようですが、もし民営化が実行されたら、非常時の安全確保に向けた下水道の整備などは一番後回しにされてしまうのではないでしょうか。

災害時の被害を減らすためにも、こうした重要な社会インフラに予算を確保することが大切だと思います。

|

« 通学かばん、重くないですか | トップページ | 江東区の、過去の浸水履歴と被害予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通学かばん、重くないですか | トップページ | 江東区の、過去の浸水履歴と被害予想 »