« 沖縄の声と地方自治 | トップページ | 前川喜平さん講演会のご案内 »

2018年8月27日 (月)

防災教育に参加して

 8月23日、地域の中学校で行われた防災宿泊訓練に参加してきました。今年で4回目のこの訓練は参加希望の生徒が学校に一泊して避難生活を疑似体験するもので、40名余の生徒が参加していました。

 グループ討論には私も参加しました。避難生活で下記のような事態が起きた時にどう判断するか、各自「はい」「いいえ」を出し合い、両者が納得できる方法を話し合うものです。難しくて考え込みましたが、どれも現実味のある質問です。避難所生活が始まれば意見の調整は不可欠です。難しいけれど役に立つ体験だと思いました。皆さんはどう考えますか?こうした実践的な防災教育は、ぜひこれからも続けてほしいと思います。

~~~~【グループ討論での質問】~~~~
第1問・あなたは「ペットの飼い主」です。
問題:自宅倒壊の危険があるため、避難所(中学校体育館)に避難しなければなりません。家族同然の飼い犬(大型犬)も一緒に避難所に連れて行く?

第2問・あなたは「5才の妹を連れた海辺に住む中学生」です。
問題:今、大きな地震が発生。その後、津波が最短20分で到達するとの防災無線放送を聞いた。親は不在。早速、妹と避難を始めるが、ご近所で足が悪く一人暮らしのおばあさんが気になる。声をかけて、一緒に避難する?

第3問・あなたは「被災地の受験生」です。
問題:避難所では人手が足りず、仕事を手伝う毎日。若くて体力があるととても感謝されている。しかし、勉強は手につかず、このままでは合格できないかもしれない。避難所の手伝いをやめて勉強に集中する?

第4問・あなたは「避難所の炊き出し係のリーダー」です。
問題:地震から7日間が経過。当初の混乱は収まり、少しずつ被災者も自主的な避難所運営を始めた。自宅で生活し、炊き出しの食事だけ避難所に取りに来る被災者が多く見られる。彼らの分まで食事を用意する?

~~~~~~~~~~~

※写真は、大地震が起きた後の状況をボードゲームで
疑似体験する防災用教材、『いえまですごろく』。
橋や道路が壊れたりする中で、近隣の人を助けたりしながら
自宅に帰ることをめざす。20180823

|

« 沖縄の声と地方自治 | トップページ | 前川喜平さん講演会のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄の声と地方自治 | トップページ | 前川喜平さん講演会のご案内 »