« 豊洲市場 開場への疑問 | トップページ | 豊洲市場で地下水が噴出 »

2018年9月24日 (月)

「マギーズ東京」を訪ねて

 9月22日、私が加入している生協「パルシステム東京」の見学会で、豊洲の「マギーズ東京」を訪ねました。ここは、がんに影響を受けた人たち(当事者、家族や友人、医療従事者など)が気軽に訪れ、安心して話せ、自分の力をとり戻せるためにと2年前に開設された場所です。

 建物は温かみのあるカフェのような空間になっており、医療知識のある看護師や心理士などのスタッフが来訪者を出迎えます。センター長の秋山正子さんは「病院でもなく自宅でもない、第二の我が家のような居場所」、「病院はヘルプの場、マギーズはアシストの場です」とお話して下さいました。
 マギーズセンターは約20年前にイギリスで「治療中でも患者ではなく一人の人間でいられる場所と、友人のような道案内がほしい」との願いから生まれた場所です。誰でも気軽に利用できるように無料・予約なしで訪問できるようになっています。日本では東京が唯一の場で、遠方からも含め毎月約500人が訪れています。

 スタッフの方から、訪れた当事者の男性が「ここで話している間は痛みを感じなかった」と言いマドレーヌを食べて帰ったとのお話を聞きました。来訪者のお話を受け止めて一緒に考えることが、生きる力につながるのだと思いました。
 訪れた方の感想の書かれたノートを読むと、本当に必要とされている場所だということがよく分かりました。寄付金を主な財源として維持していくのは大変なことだと思いますが、多くの人が力を得る場所として発展していくことを願っています。
【認定NPO法人 マギーズ東京】江東区豊洲6-4-18 平日10~16時オープン
  ※毎月第4土曜の13~16時に「オープンマギーズ」として無料見学会を開催(予約不要)
   Eメール: info@maggiestokyo.org20180922_095118

|

« 豊洲市場 開場への疑問 | トップページ | 豊洲市場で地下水が噴出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊洲市場 開場への疑問 | トップページ | 豊洲市場で地下水が噴出 »