« 最低賃金の引き上げを! | トップページ | 未婚のひとり親家庭への寡婦控除のみなし適用が開始 »

2018年10月18日 (木)

藤原文科事務次官の「面従腹背をやめよう」の真意は何か

 10月16日に就任した藤原誠・文部科学省事務次官が職員向けの就任挨拶で「面従腹背はやめましょう」と呼びかけた、という朝日新聞の今朝の記事がありました(10月17日朝刊)。産経新聞では「藤原誠文科事務次官が“脱前川”宣言?」という見出しで報道しています。

 「面従腹背」とは、外面的な行動では従いながらも、内心は抵抗している、という状態を指す言葉です。それをやめましょう、と呼びかけるのは、外面だけでなく内面までも従うことを求めている、という意味にもとれます。また、「『決めた後、議論のプロセスをむやみに外に流さない』と求めた」ということは、政策の決定過程を検証する場合も行政職員は関与しないようにと、求めているということなのでしょうか。

 今回の就任挨拶は、前川喜平・元次官の考えに距離を置いて働く、という宣言にとれます。しかし同時に、教育行政で組織として決定したことは内心の自由に優先する、という価値観をもしかしたら示しているのではないかと、懸念を感じます。

 行政官から政治家への直言が難しいのは百も承知ですが、「組織が決めたことに従う」を一番実践していないのは、安倍総理や内閣の面々です。何といっても国が決めた憲法を守っていないのですから。


 政権批判をした前川元次官に距離をとる発言を行いつつ行政職員にこのような指示をすることが、憲法が保障する諸権利に敏感であるべき教育行政のトップとして妥当なのでしょうか。疑問を感じます。

 以下、記事より抜粋します。全文は写真でご覧下さい。
~~(以下、引用)~~
◆文科次官に藤原氏就任 「面従腹背やめよう」訴え◆
(前略)面従腹背は、文科省による組織的な天下りの責任を取って辞職し、その後に安倍晋三政権を批判している前川喜平元次官の座右の銘で、著書のタイトルにもなっている。藤原氏は職員に「議論すべき時はきちんと意見を言っていただき、組織が決めたことには従う。決めた後、議論のプロセスをむやみに外に流さない」と求めた。(後略)
【藤原 誠氏】東大卒、82年旧文部省に入り、初等中等教育長などを経て17年7月から官房長。61歳。(後略)
20181017_

|

« 最低賃金の引き上げを! | トップページ | 未婚のひとり親家庭への寡婦控除のみなし適用が開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最低賃金の引き上げを! | トップページ | 未婚のひとり親家庭への寡婦控除のみなし適用が開始 »