« 11月24日(土)に「かえるカフェ」を開催します | トップページ | 亀戸 サンストリートの跡地開発で学校は? »

2018年11月12日 (月)

このままだと、80年後の東京は真夏日が100日以上に?

今年は11月も、ずいぶん温かいなあ…と思いませんか? 過ごしやすいのは確かですが、こんなにあたたかくて大丈夫?と、ちょっと心配になったりもします。そんな時に、環境省の「2100年の天気予報」(下図)を見て、私はとても衝撃を受けました。
80年後の東京は44度、真夏日の日数は3ヶ月半、との「予報」が示されていたのです。
210044_2
20181112_2100

Photo
これは環境省が啓発のために作成した広報(※1)です。現状を上回る温暖化対策を行わない場合に世界の平均気温が21世紀末に最大で4.8℃上昇とのシナリオ(※2)に基づく気象庁の予測(※3)を現状に加算しています。
 気温が上がれば海面の上昇が確実に起きます。海抜ゼロメートル地帯の江東区は、その時どうなるでしょうか。
 大切なのは「そうではない未来」を、私たちがいま、選ぶことができるということです。百年後も安心して暮らせる地域を、今からつくりませんか?
※1「2100年未来の天気予報」をCOOL CHOICE TVで公開しています
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/topics/20180820-01.html
(※2) IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第五次評価報告書 による 
(※3) 気象庁「地球温暖化予測情報第9報」

|

« 11月24日(土)に「かえるカフェ」を開催します | トップページ | 亀戸 サンストリートの跡地開発で学校は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月24日(土)に「かえるカフェ」を開催します | トップページ | 亀戸 サンストリートの跡地開発で学校は? »