« 2018年12月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年1月

2019年1月27日 (日)

【講演会のお知らせ】 給食のこと、話そうよ!  子どもの健康と学校給食

給食の時間は、学校での子どもたちの毎日の楽しみの一つではないでしょうか。
子どもの貧困が広がる今、給食の果たす役割はこれまで以上に大きなものになっています。可知悠子さんのお話を聞きながら、給食のことを、ご一緒に考えてみませんか。給食費についてもお話ししましょう。ぜひご参加下さい!

◆給食のこと、話そうよ!子どもの健康と学校給食◆
お話:可知 悠子(かち ゆうこ)さん (北里大学医学部公衆衛生学講師)
2月17日(日)午後1時30開始 
(1時15分開場、3時半終了予定)
江東区亀戸文化センター 5階 第2研修室 資料代200円
(江東区亀戸2-19-1、JR亀戸駅北口から徒歩2分)
【可知悠子さん 略歴】
東京大学大学院医学系研究科修了。博士(医学)。
専門は社会疫学。研究テーマは労働者とその子どもの健康の社会格差。
1:30~2:30 お話: 可知 悠子さん
2:30~2:40 報告: 江東区の給食の現状  前田かおる
2:40~3:30 会場の皆さんから
主催 前田かおると明日をひらく会
問い合わせ maedakaoru@nifty.com(前田かおる)

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

子どもに1杯のミルクを用意するのは誰なのか

仙台市で、保護者にミルクを買うお金がないために生後2ヶ月で餓死した赤ちゃんのニュースには、大変な衝撃を受けました。生きるために一番必要な「食べる」ことに事欠く家庭が増えているという、日本に広がる貧困の現実を感じずにはいられませんでした。
俳優の菅原文太さんは、2014年に亡くなられる直前に、政治の役割について「一つは国民を飢えさせないこと。安全な食べ物を食べさせること。もう一つは、これは最も大事です。絶対に戦争をしないこと」と語っています。

生まれたばかりの子どもがミルクさえ飲めず命を落としたことは、政治が基本的な役割を果たせていないということだと思います。
毎日の生活費に困っている方は生活保護を受けることができます。しかし日本では家計が厳しくても、制度を利用しない方がとても多いと言われています。本人からの申請が必要なことや、利用への抵抗感が強いことがその原因と指摘されています。必要な人がきちんと利用できるようにするために、余りに厳しく「自己責任」を追求するような価値観を、変えていくことが必要です。

人は誰もが支え合いの中で生きています。「分かち合う」ためにこそ、政治も税金もあるはずです。韓国のソウル市では、福祉を必要とする方を孤立させないため、行政から訪ねていく「出かける福祉」が行われています。この取り組みを開始したきっかけは、生活に困窮した母子の、貧困の中での死亡事件とのことです。

ソウル市での取り組みは、貧困により人が命を落とすといういたましい事件を繰り返させないための、示唆になるものだと思います。個人任せ、家族任せにさせない政治、そして困難を抱えた人を置き去りにしない政治を、地域からめざしたいと思います。

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

今こそ1122億円の基金活用を

江東区の財政は、人口の増加で収入が増え続けています。その一方で、江東区は「貯金」を優先して、生活を支援する予算を抑える傾向を強めてきています。

自治体が貯金をしすぎて区民の生活にしわ寄せがいくのでは本末転倒です。家計が厳しい今こそ、積立金1122億円※1を活用すべきです。基金の5%相当の52億円を使うだけで、小・中学校の給食無償化(20億円)などすべての子どもたちが安心できる子育ての支援や、2千世帯への月3万円の家賃補助など住まいの支援、高齢者や障がい者への福祉の充実を実現できます。区民のために今こそ基金を活用することを求めます。

Koutoukukikinsuii_2

 ★グラフをクリックすると、拡大した画像で見ることができます。
【グラフへのコメント】

区は長期財政計画の予測で、2014~2017年に基金残高は減り続け17年度には522億円になる、と見込んでいました(グラフの緑線)。
しかし実際には基金残高は増え続けて(青線)、2017年度決算で予測の2倍以上の1085億円となり、その差額は563億円になっています。

その後の2016年度、2017年度に作成した財政見通しでも基金残高の減少を見込んでいるのですが、残高は増える一方です。基金の現状は、江東区が自ら作成している長期財政計画から考えても貯めすぎと言うべきなのです。



※グラフは介護給付費準備基金を除いた一般会計の金額
及び ② 「平成29年度江東区財政レポート」P.17より 前田作成

| | コメント (0)

第3回「かえるカフェ」のお知らせ

1月20日(日)の午前10時から、「かえるカフェ」を開催します。

お茶を飲みながら、日頃気になっていることをお話しする「しゃべり場」で、今回は「子育て」がテーマです。お気軽にご参加下さいませ。参加無料、予約不要です。
お子様もどうぞご一緒に。(^-^)
会場:前田かおる事務所

(江東区亀戸5-5-11 第一ビル206号室、亀戸駅北口徒歩3分)

Ver3_2
主催:前田かおると明日をひらく会
お問い合わせ:maedakaoru@nifty.com 
         電話 090-7810-7859(前田)

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

むのたけじさんに学ぶこと

 むのたけじ(本名:武野武治)さんというジャーナリストをご存知でしょうか。

 むのさんは1915年秋田に生まれ、2016年に101才で亡くなられるまでジャーナリストとして活躍された方です。朝日新聞記者として働きながら、戦争に協力したことに自分でけじめをつけたい、と1945年8月同社を退職、「戦争をなくすために」と1948年に地元秋田でタブロイド判の新聞『たいまつ』を週刊紙として創刊し、1978年までの30年間で780号まで発信を続けました。

 私は生前に一度だけ秋田で講演を聞きましたが「戦争はとにかく始めさせない、ということしかないのです」と強く訴えておられたことが印象に残っています。このような志を持った人になりたいと、私が大変尊敬している方です。
 歴史をふりかえれば、戦前の報道が国家主義に追随したきっかけの一つに、新聞社の統合がありました。県内に複数あった地方紙が1県1紙に統合されたのです。

 地方選挙になるたびに投票率の伸び悩みが話題にのぼりますが、では地域で起きていることがどれだけ報道されているかというと、行政の情報発信以外はいまも非常に限られているのが現状です。これでは関心の持ち方も限られてしまうと思います。
 私はジャーナリストではありませんが、この3年間、地域の出来事などについて、毎週発信を続け、おかげさまで150号に達することができました。地域の今を市民の皆さんに私なりの視点でお伝えしていくことが、暮らしやすい平和な社会をつくるための一助になればと考えています。

 そのために、むのたけじさんが色紙に書かれた言葉「視野は世界大へ、凝視は足元から。思慮はすみずみまで、行動はひとすじに」を忘れず活動していきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年4月 »